読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しなやかにいこう

家族の転勤をきっかけに在宅ワーカーにシフトチェンジ。9歳、5歳の子育てしながら仕事とキャリアアップを目指しています。日々嬉しいことや学び、気づきについて書いていきます。

ブックレビュー 「自己肯定感、持っていますか? あなたの世界をガラリと変える、たったひとつの方法 」

f:id:tanisen:20170220183156j:plain

子どもを産んでだいぶ改善されたけど、実は自己肯定感が低すぎるな、と思っています。

誰かに言われた一言をどこまでもどこまでも引きずって、勝手に卑屈に成り下がったり、コンプレックスをとことんつきつめ、「だから私はダメなんだ」とか思ったり、はたまた、「こんなに自己肯定感が低いから、私はダメだ」と思ったり、とにもかくにも自信がなくって、いつも「私なんて」と思っちゃう…(あああ、暗い)

自己肯定感が低いためにこんなことないですか?

 こちらの本には、自己肯定感が低いためにこんな症状ありませんか?って書いてます。

  • 自己肯定感が低いから、「もっと頑張らないと!」と思い込み、働きすぎたり、疲れたり…
  • 自己肯定感が低いから、「自分なんて」と思い込み、「やりたいこと」にチャレンジできなかったり…

 私の場合、思い当たることが多すぎてドキドキ。とくに、「自虐アピールが相手を疲れさせていることもある!」という指摘には「わあああああ」と心の中で叫びました。でもその一方で、「そりゃそうだ!」と妙に納得。

なんとなく「生きつらさ」を感じている人にはいい本だと思います。

私の場合、単純に、「もっと、自分大切にしていいんだ!」と思えるようになりました。

 とにかく私は、次のことをやってみます!

  • 自分の正しさを相手に押し付けていない
  • 無条件に相手をリスペクトする
  • 自分にも相手も評価を下すのをやめる
  • 相手にも事情があることを気づく
  • 決めつけない 

どんな変化がおきるかな。楽しみ。

自己肯定感、持っていますか? あなたの世界をガラリと変える、たったひとつの方法

自己肯定感、持っていますか? あなたの世界をガラリと変える、たったひとつの方法